お知らせ

最近の情勢を踏まえて

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

この最近、「AIが…」「AIは…」とAIという言葉を見ない日はありません。ところが、「AI」は、まだ、完成系ではありません。AI技術のごく一部分が、やっと日の目を見たというところです。

「AIvs.教科書が読めない子どもたち」(新井紀子著)の本を読むと、それが冷静に理解できます。新井氏は、2011年からいわゆる「東ロボくん」(ロボットは東大に入れるか)のプロジェクトディレクターを務める数理論理学が専門の学者です。明解な論理展開でこれらを説明しています。是非、一読されてください。


さて、平成31年の10月から、消費税の軽減税率が実施されます。

消費税改正に向けた万全の準備と、その納税の資金繰りを整えることが必須条件だと思います。

本年の皆様のますますのご発展ご多幸を心から祈念いたします。

最近やっていること、興味あることのつれづれ

① 国際税務について
 シンガポール、フィリピンの現地法人等、及びオーストラリアの日本支社の顧客を有し国際税務の学びを深めています。

② コーチング/カウンセリング
 これは、私のライフワークで、有償無償を問わず、プライベートセッションを行っています。人助けがしたいんです。
 平成30年9月9日(日)山口市の山口ふるさと伝承総合センターでのコーチングのスペシャル『基本』講座セミナーは、盛況のうちに終了致しました。

CF.リンク集:日本コーチ協会山口チャプター 


③ 事務所セミナーの転換チャレンジ
 平成30年度は、15年間続けてきた座学のセミナーを一旦中止して、ランチディスカッション形式をとり少人数で意見交換会を試してみたいと思います。今後は、当事務所主催のセミナーのご案内は控えたいと考えております。                              

 ただし、平成30年11月11日(日)に、「終活について」というテーマで、講演の依頼を受けましたので、多角的な視点でチャレンジ致したいと存じます。そのほか、同年11月17日(土)NPO山口定借機構主催の「相続フォーラム」で、私が「相続税よもやま話」を担当いたします。 

 <過年度の事務所セミナーの実績>
 H24年は、久留米大学法学部の関本大樹教授
               (元国税不服審判所所長:大学時代の同じ研究室の友人)

   H25年は、弁護士の花岡淳先生と弁理士の今中崇之先生
 H26年は、東京大学大学院の飯笹幸吉教授(高校時代の友人)
 H27年は、マイナンバーセミナー                                                                                              
 H28年は、ゲームから本当の運用へ(胡子芳朗氏)                                                                                             
 H29年は、AIと中小企業(千葉商科大 石井泰幸教授 実弟です)

④ 2以上の会社間における株式持合の株式評価の標準化
 株式の持ち合い解消の為、複数社の非上場の株式評価をするにあたって、その評価方法を標準化する解法を見つけ出しました(通達にはありません)。
 この場合において、Excelを利用して、一次方程式を逆行列にして解を求められることを、広島の井上友一税理士先生から教えて頂きました。 感謝! 

⑤ 租税教育
 平成26年から、社会貢献活動として、市内の高校に租税教室の出前講義をしている。26年は豊北高校、27年,30年は西市高校、29年は下関短大付属高校でした。若者との楽しいひと時を過ごした。

経営アドバイス・コーナー
石井達美税理士事務所は
TKC全国会会員です
TKC全国会
TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。
中国税理士会所属

お気軽にお問合せください。
石井達美税理士事務所
TEL:083-257-1888