お知らせ

最近の情勢を踏まえて

今、このコロナ禍の中で、苦戦を強いられておられる皆様、どうか、いくらかでも収束をと、毎日祈念しておるところです。

さて、最近の事業承継、M&Aで感じたところをお話させて頂きます。一般的にどちらも、後継者や承継者が見つかれば安泰と思われています。

しかし、大企業や中堅企業と中小企業は、上司と部下の関係性について歴然とした違いが存在します。それは、前者は、上司が定期異動により変わるので既に経験済みです。一方、中小企業は、代表者と部下の関係は永続的で家族的ともいわれます。つまり、中小企業で、承継を考える場合には、この点を十分配慮しないと、生産性や企業風土が一変します。

現在、この点を、私がフォローし、コーチングやカウンセリング手法を用いて、上司(代表者)と部下(後継者、承継者)との間に入って調整を図っています。よく聞くのは、中小企業の社員は、代表者を慕って働いているので、上司が他人になった瞬間に、労働意欲が半減します。それほど、社員との結びつきが強いと分かります。社長さんは、この点を十分配慮し、社業に邁進して下さいませ。

皆さま、コロナに関する融資、様々な給付金等の申請は済みましたか。今は、事業再構築補助金や月次支援金等の相談を受けています。

まだの方は、お気軽にお尋ねください。スタッフ一同、機会あるごとに、顧客の皆様には、手続きも含めたアナウンスしております。

どうぞ、この難局を力を合わせて乗り切りたいものです。

■■追伸■■

★2020年2月19日発売の、ダイヤモンド社から出版された「相続 & 事業承継で頼りになるプロフェッショナル セレクト100 (豊かな経験と行動力に富む専門家が問題解決)」という本に、小生が掲載されました。なお、週刊ダイヤモンドにおいても、この案内が掲載されました。お知らせまで。

★2021年1月28日号の週刊新潮には、私の紹介記事が掲載されました。是非、ご覧になって下さいませ。なお、当初は、21日号とお知らせした方には、掲載が無いとのご指摘があり大変ご迷惑をおかけ致しました。心からお詫び申し上げます。


最近やっていること、興味あることのつれづれ

① 国際税務について
 シンガポール、フィリピンの現地法人、米国の関連会社及びオーストラリアの日本支社の顧客を有し国際税務の学びを深めています。

② コーチング/カウンセリング
 これは、私のライフワークで、有償無償を問わず、プライベートセッションを行っています。人助けがしたいんです。
 令和3年7月18日(日)は、Zoomセミナーにより、「人間関係をスムーズにするアンコンシャス・バイアスを学ぶ」は、12名の参加者で楽しい学びが出来ました。日常生活、ビジネスや職場で、無意識の偏見によりコミュニケーションエラーを起こすことがあります。この対処方法を学び、より一層、コロナ禍におけるコミュニケーション能力を高めていきたいものです。リンク集を参照されてみてください。

CF.リンク集:日本コーチ協会山口チャプター 


③ 事務所セミナーの転換チャレンジ
 平成年度、15年間続けてきた座学のセミナーを一旦中止して、今後は現状を勘案し、リモートディスカッション形式で少人数の若手経営者(取締役)と意見交換会を試みたいと考えています。コロナ禍でもあり、検討中です。

 その他に、平成30年11月に、税理士の視点から見た「終活について」というテーマで、講演を致しました。また、同年11月17日(土)NPO山口定借機構主催の「相続フォーラム」では、私が「相続税よもやま話(事業承継税制)」を担当いたしました。どちらも、盛況のうちに終了しました。(山口新聞 平成30年11月20日掲載)令和3年度においても、相続フォーラムを予定致したいと思います。

 <過年度の事務所セミナーの実績>
 H24年は、久留米大学法学部の関本大樹教授
               (元国税不服審判所所長:大学時代の同じ研究室の友人)

   H25年は、弁護士の花岡淳先生と弁理士の今中崇之先生
 H26年は、東京大学大学院の飯笹幸吉教授(高校時代の友人)
 H27年は、マイナンバーセミナー
 H28年は、ゲームから本当の運用へ(胡子芳朗氏)
 H29年は、AIと中小企業(千葉商科大 石井泰幸教授 実弟です)

④ 2以上の会社間における株式持合の株式評価の標準化
 株式の持ち合い解消の為、複数社の非上場の株式評価をするにあたって、その評価方法を標準化する解法を見つけ出しました(通達にはありません)。
 この場合において、Excelを利用して、一次方程式を逆行列にして解を求められることを、広島の井上友一税理士先生から教えて頂きました。 感謝! 

⑤ 租税教育
 平成26年から、社会貢献活動として、市内の高校に租税教室の出前講義をしている。26年は豊北高校、27年,30年は西市高校、29年は下関短大付属高校でした。令和2年7月は、市立王江小学校の6年生への初チャレンジでした。令和3年6月の市立吉見小学校の6年生のクラスの予定は、延期となりました。楽しみにしています。

経営アドバイス・コーナー
石井達美税理士事務所は
TKC全国会会員です
TKC全国会
TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。
中国税理士会所属

お気軽にお問合せください。
石井達美税理士事務所
TEL:083-257-1888